1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. がん診療について
  4. がんゲノム医療について

がんゲノム医療について

がんゲノム医療について

  • がんゲノム医療とは主にがんの組織を用いて、多数のがんに関連する遺伝子を同時に調べ、遺伝子変異を明らかにし、一人一人の体質や病状に合わせて治療などを行う医療です。
  • がんゲノム医療では、標準治療がないまたは終了しているなどの条件を満たす場合のみに行われます。遺伝子変異が見つかり、その遺伝子変異に対して効果が期待できる場合に、臨床試験などでその薬の使用が検討されます。
  • がんゲノム医療として行われる「がん遺伝子パネル検査」は、生検や手術などで採取されたがんの組織を用いて、高速で大量のゲノムの情報を読み取る「次世代シークエンサー(NGS)」という解析装置で、1回の検査で多数の遺伝子を同時に調べる検査です。
  • がん遺伝子パネル検査は、保険診療で受けられますが、一般的に①標準治療がないなどのまれながん(希少がん)、②原発不明癌、③標準治療後で、次の新たな薬物療法を希望する場合に検討されます。
  • がん遺伝子パネル検査は、現時点では、浜の町病院ではできません。「がんゲノム医療中核拠点病院」、「がんゲノム医療連携病院」のみで検査を受けることができます。

    病院リストは こちら(PDFファイル)
    九州大学病院のがんゲノム外来は こちら(外部リンク)
  • がんゲノム医療を希望される方は、上記のリストの病院のがんゲノム外来にご相談ください。また、当院で診療を受けられている方は、担当医あるいは浜の町病院のがん相談支援センターに相談の上、「診療情報提供書」の作成を依頼してください。

がん遺伝子検査について

  • 「がん遺伝子パネル検査」は、1回の検査で多数の遺伝子を同時に調べる検査ですが、「がん遺伝子検査」は、胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、血液がんなどの患者さんを対象に1つまたはいくつかの遺伝子を調べる検査です。
  • 「がん遺伝子検査」は、浜の町病院でも積極的に行っており、その結果を基に、薬を選んで治療を行っています。