1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 消化器内科

消化器内科

ごあいさつ

副院長 九州大学医学部臨床教授 松浦 隆志

副院長
九州大学医学部臨床教授

松浦 隆志

副院長 消化器内科部長 内視鏡室部長 福岡大学病院臨床教授 瀬尾 充

副院長/消化器内科部長
内視鏡室部長
福岡大学病院臨床教授

瀬尾 充

概要・特色

浜の町病院消化器内科では胃、腸疾患を中心とした消化器病全般に対し診断および治療を行います。消化器内科は現在3名のスタッフで診療にあたっており年間入院患者数は約380例で徐々に増加する傾向にあります。 消化器内科の外来診療は月曜から金曜まで毎日行っており上部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、胃透視などの放射線検査は、絶食で来院していただければ当日に検査を施行できる体制で診療を行っています。なお大腸の内視鏡検査 X線検査は前処置が必要なため予約制となっていますが、毎日できる体制となっています。また休日および時間外はオンコール体制をしいて消化管出血、急性腹症などの急患に十分対応できるような体制を敷いています。胃癌、大腸癌などの消化器癌の手術不能例や再発例に対する抗がん剤による治療は腫瘍内科と密接な連携のもとに診療を行っています。

  • 消化器内視鏡関係では新病院移転時に内視鏡室を拡充し上部消化器内視鏡検査は年間約5500例また大腸内視鏡検査約1600例以上と増加しました。食道、胃、大腸の早期癌やポリープに対する内視鏡治療および消化管出血、内視鏡治療 消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術など積極的に行い良好な成績をあげています。食道 胃の早期癌の内視鏡的治療に関しては粘膜下層剥離術Endoscopic Submucosal Dissection (ESD)の症例数は年々増加しており、今後さらに早期癌の内視鏡治療の充実をさせていきます。
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の入院患者も多く新しい治療の導入に努めています。また栄養室の協力を得て食事指導も行い患者教育を行っています。
  • 回診、内視鏡カンファレンスを通じ症例のスタッフで情報を共有化しチーム医療を実践し、外科、放射線科と連携し集学的治療を行っています。