1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 消化器内科

消化器内科

副院長
健康医学センター 部長
九州大学医学部臨床教授

松浦 隆志

消化管(食道・胃・腸)の病気に対する「診断」、「薬物治療」、「内視鏡治療」を通して、地域医療に貢献して行きたいと思います。

副院長/内視鏡室 部長
臨床試験センター 部長
福岡大学病院 臨床教授

瀬尾 充

 

消化器内科 部長
内視鏡治療センター 部長

尾石 義謙

 

外来担当医師

午前

尾石 義謙 瀬尾 充 瀬尾 充 岩﨑 一秀 尾石 義謙

概要・特色

浜の町病院消化器内科では、消化管疾患に対する診断および治療(薬物治療および内視鏡治療)を行っております。スタッフは現在3名で、年間入院患者数は約500名です。外来診療は月曜から金曜までの午前中に行い、上部消化管内視鏡検査は午前、下部消化管内視鏡検査は午後、その他内視鏡治療は主に午後から行なっております。また、絶食であれば当日の上部消化管内視鏡検査も可能です。休日および時間外はオンコール体制をしいて、消化管出血、急性腹症などの急患に対応しております。消化管癌(食道癌、胃癌、大腸癌)の治療は、内視鏡で切除出来ない場合は、外科、腫瘍内科、緩和内科と密接な連携のもとに診療を行っています。

  • 消化器内視鏡関係では、上部消化器内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、内視鏡治療を合わせると、年間7000例以上行なっております。内視鏡治療は、食道、胃、大腸のポリープや早期癌に対する内視鏡切除、消化管出血に対する止血術、消化管狭窄に対するバルーン拡張術・ステント留置術など積極的に行い、良好な成績をあげています。食道、胃、大腸の早期癌に対する内視鏡的治療に関しては、内視鏡的粘膜下層剥離術Endoscopic Submucosal Dissection (ESD)を、年間約60例行なっております。
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の治療は日進月歩であり、新しい治療の導入に努めています。また栄養室の協力を得て食事指導も行い患者教育を行っています。
  • 回診、内視鏡カンファレンスを通じ、スタッフ間で情報を共有化することでチーム医療を実践しております。