1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 消化器外科

消化器外科

ごあいさつ

院長 九州大学医学部臨床教授 一宮 仁

院長

一宮 仁

手術など外科治療は苦痛を伴いますが、消化器外科では根治性と低侵襲性を両立させる治療を追求しています。
消化器外科部長 胆石症センター部長 許斐 裕之

消化器外科部長/胆石症センター部長

許斐 裕之

内視鏡手術センター長/内視鏡外科部長

植木 隆

概要・特色

消化器疾患に対し標準的な治療ガイドラインを踏まえ、根治性を維持しながら個々の患者さんに優しい治療法を追求し提供しています。

  • 食道、胃、小腸、大腸、直腸の悪性疾患(癌)、良性疾患
  • 肝臓、胆嚢、胆管、膵臓の悪性疾患(癌)、良性疾患
  • 脾臓疾患、脾臓と関連する血液疾患や肝疾患
  • 急性腹症:穿孔性腹膜炎、急性虫垂炎、腸閉塞、急性胆嚢炎、急性閉塞性胆管炎、閉塞性黄疸などの救急医療
  • ヘルニア:鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、食道裂孔ヘルニアなど
  • 肛門疾患:痔核、痔瘻など
  • 胆石センターでの胆石症や胆嚢ポリープ等の胆道疾患の精査、経過観察、ご相談
  • セカンドオピニオン外来(随時、要予約)

消化器悪性疾患(癌)に対しては根治性、安全性、術後の生活の質(QOL/クオリティー オブ ライフ)を考慮した治療を心がけています。

  • 拡大手術、低侵襲手術(腹腔鏡下手術、機能温存手術、縮小手術など)、内視鏡治療
  • 食道癌に対する胸腔鏡・腹腔鏡下手術あるいは定型的手術(胸部外科が担当します。)
  • 早期胃癌、大腸・直腸癌、早期胆嚢癌に対する腹腔鏡下手術
  • 進行胃癌、大腸・直腸癌に対する標準的開腹手術
  • 原発性肝癌に対する系統的肝切除、開腹/腹腔鏡下/胸腔鏡下ラジオ波焼灼療法(肝臓内科と共同で)
  • 転移性肝癌に対する肝切除、ラジオ波焼灼療法あるいは動注治療
  • 膵臓癌、肝臓癌、胆嚢癌、胆管癌などに対する標準的手術、拡大手術あるいはステント治療

良性疾患に対しては、肉体的、精神的な負担が軽く、早期回復、早期退院、早期社会復帰が可能な腹腔鏡下手術を選択します。

  • 胆石症、総胆管結石、胆嚢ポリープ、胆嚢腺筋症はほぼ全例腹腔鏡下手術で対応しています。
  • その他の疾患:胃粘膜下腫瘍、大腸ポリープ、大腸憩室症、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、急性虫垂炎、再発あるいは両側鼠径ヘルニア
  • 腹腔鏡下脾臓摘除術:特発性血小板減少性紫斑病、球状赤血球症。インターフェロン治療の前治療として

院内他科医師のコンサルテーション(院内セカンドオピニオン)

  • 手術以外にも治療法がある疾患では、院内の他科の医師の診察や説明が受けられます。例えば肝臓癌では内科的治療や放射線科での治療がありますので、それぞれの科の担当医に専門的な説明を受け、治療法を選択できます。
  • 肝臓内科、消化器内科、腫瘍内科、放射線科などの専門医