1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 整形外科

整形外科

医師紹介

整形外科部長 馬渡 太郎

整形外科部長

馬渡 太郎

診療内容の概要

  • 外傷一般(骨折、脱臼、半月板損傷、靱帯損傷、アキレス腱断裂など)
  • 変形性関節症(変形性膝関節症、変形性股関節症、その他の変形性関節症)
  • 関節リウマチ
  • 大腿骨頭壊死症
  • 痛風など関節炎を伴う疾患
  • 末梢神経疾患(手根管症候群、肘部管症候群など)
  • 骨粗鬆症、骨代謝疾患

当院は、日本整形外科学会、日本リウマチ学会の教育認定施設です。

特徴・特色

  • デジタルレントゲン検査, CT, MRI, 超音波診断装置, 骨密度測定装置, 血液尿検査などを駆使して、正確な診断を心がけています。
  • 薬物治療は近年大きく進歩しており、当科でも従来の痛み止めや湿布に加え、ヒアルロン酸注射薬、新しい作用機序の疼痛治療薬、骨吸収抑制剤や骨形成促進剤など新しい骨粗鬆症治療薬、強力な治療効果をもつ生物学的製剤などの関節リウマチ治療薬など、最先端の治療を積極的に取り入れています。
  • 手術療法としては、外傷手術、関節外科を中心としております。進行期〜末期関節症に対する、約 8cmの小皮切を用いた人工股関節置換術、深屈曲をめざした人工膝関節置換術、一方、軟骨の残存する症例に対しては寛骨臼移動術や高位脛骨骨切り術(opening wedge osteotomy)など関節温存手術を行っています。ACL、PCL、MPFL再建術や半月板手術、手根管解放術など、関節鏡を用いた低侵襲手術にも力を入れております。一方、四肢の骨折に対しては、新しい固定材料を用いて確実な整復固定を行い、薬物治療や超音波骨折治療器を併用することで、早期社会復帰を目指しています。
  • 内科的合併症、循環器疾患を抱える症例に対しても、該当診療科と連携しながら安全な治療を行っています。