1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 産婦人科

産婦人科

医師紹介

産婦人科統括部長 上岡 陽亮

産婦人科統括部長

上岡 陽亮

診療内容の概要

  • 子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮脱、子宮外妊娠等の良性疾患の手術
  • 不妊症の検査と治療(高度生殖医療を含む)
  • 子宮内膜症の診断とホルモン療法、腹腔鏡下手術等による各種治療
  • 無月経等の女性ホルモン異常に由来する内分泌疾患の検査と治療
  • 更年期障害、骨粗鬆症等の更年期疾患の診断とホルモン補充療法(HRT)を中心とした治療
  • 婦人科悪性腫瘍(子宮頚癌、子宮体癌、卵巣癌など)の診断、手術、化学療法、放射線治療
  • 妊娠初期より分娩、産褥にいたる正常、異常妊娠の管理
  • 帝王切開術、シロッカー手術等の産科手術全般
  • 血液の悪性腫瘍治療前後の妊学性温存を目的とした未受精卵凍結保存

特徴・特色

  • 卵巣嚢腫や子宮筋腫等の婦人科良性疾患に対して、内視鏡(腹腔鏡や子宮鏡)を用いた低侵襲手術を数多く行っています。また膣式手術も積極的に行い、できるだけお腹を切らない手術を行うように心掛けています。
  • 不妊症はできるだけ自然に近い形で妊娠できるように、一般治療と腹腔鏡による手術的治療を組み合わせて治療を行っています。難治性不妊に対しては、体外受精・顕微受精・受精卵凍結保存等の高度生殖医療を行っています。不妊認定看護師、不妊カウンセラー、体外受精コーディネーターによる不妊相談とカウンセリングも充実しています。
  • 女性ホルモン異常に由来する婦人科内分泌疾患や更年期障害、子宮内膜症管理など、女性のQOLの向上を目指したヘルスケアを積極的に行っています。
  • 思春期の月経異常、性器奇形等の治療も診断から手術まで行う事ができ、その後のフォローも行っております。
  • 平成21年春より、婦人科悪性腫瘍に関しても積極的に診療を開始しました。病理医の協力のもと、術中に悪性であるか良性であるかの判断を付けて適切な手術を選択しています(術中迅速病理検査といいます)。また放射線科の協力のもと放射線治療を、腫瘍内科の協力のもと化学療法(抗がん剤治療)を行うなど、各診療科の枠を超えた集学的治療を行っています。
  • 主に助産師が妊婦健診を行う助産師外来を開設しています。

その他

  • 従来良性疾患に特化した診療を行っておりましたが、現在は悪性腫瘍まで治療の範囲を拡大しました。同時にこれまで行ってきた内視鏡手術、経膣手術、不妊症治療も継続して積極的に行っています。
  • 子宮癌検診、婦人科検診は院内の検診センターで受け付けておりますが、1日あたりの例数に制限があります。
  • 原則として産婦人科診療所で対応困難な疾患に対する検査および治療を行っています。診療情報提供所(紹介状)を持参して下さい。

診療実績

手術件数

  平成23年 平成24年 平成25年
手術総数 963 1064 1109
腹腔鏡下手術 総数 397 492 547
卵巣腫瘍・類腫瘍 254 271 283
不妊症関連 63 861 80
異所性妊娠 39 48 37
子宮筋腫核出術 82 121 109
LAVH・TLH 32 65 80
その他 14 30 11
子宮鏡下手術 総数 139 167 156
子宮鏡下筋腫核出術 49 53 41
ポリープ切除他 90 114 115
腟式子宮全摘術 34 20 20
腟式子宮筋腫核出術 3 3 0
子宮脱手術 19 21 31
開腹術 総数 285 258 239
腹式子宮全摘術 68 48 55
腹式子宮筋腫核出術 55 59 55
帝王切開術 64 58 81
悪性手術 50 49 48
註:不妊症関連は他の手術方法と重複あり。

悪性疾患

疾患名 選択術式 平成23年 平成24年 平成25年
子宮頸部上皮内癌 円錐切除術 2 3 3
単純子宮摘出術 0 0 3
子宮頸癌 円錐切除術 2 0 2
単純子宮摘出術 2 2 0
準広汎子宮全摘出術 0 1 1
広汎子宮全摘出術 3 4 4
同時化学放射線療法 4 3 3
放射線療法 2 0 2
化学療法 2 1 1
子宮内膜異型増殖症 子宮温存 0 0 0
単純子宮摘出術 2 2 0
子宮体癌(含癌肉腫) 子宮温存 1 0 1
単純子宮摘出術 1 0 2
子宮摘出+リンパ節摘出術 17 20 14
化学療法 10 9 3
卵巣癌(含境界悪性、肉腫) 付属器摘出術 6 3 4
子宮・付属器摘出+リンパ節摘出術 15 17 20
妊孕能温存手術 6 10 6
化学療法 18 10 14
絨毛性疾患 奇胎除去術 4 4 2
化学療法 1 0 0
外陰癌 腫瘍摘出 2 2 0

体外受精・顕微受精

  平成23年 平成24年 平成25年※
平均治療年齢 37.5 37.1 36.2
治療周期総数(エントリー数) 90 111 118
conventional-IVF 30 49 53
ICSI 16 20 20
Split 2 0 3
融解胚ET 42 42 42
全胚凍結 5 14 19
採卵キャンセル 0 5 13
融解キャンセル 4 3 2
ETキャンセル 7 18 9
採卵総回数 48 64 69
移植総回数 74 71 75
妊娠数(GS(+)) 8 16 18
  IVF:2 ICSI:2 融解:4 IVF:4 ICSI:2 融解:10 IVF:6 ICSI:1 融解:11
移植あたり妊娠率% 10.8 22.5 24.0
多胎妊娠数 1 3 0
妊娠あたり多胎妊娠率% 12.5 18.8 0.0
流産数 0 2 4
妊娠あたり流産率% 0.0 12.5 22.2
生産分娩数 8 14
移植あたり生産率% 10.8 19.7
※ 妊娠継続中の症例あり、結果は現時点では報告できない。