1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 脳神経外科

脳神経外科

医師紹介

脳神経外科部長 松角 宏一郎

脳神経外科部長/脳神経センター部長/九州大学医学部臨床教授

松角 宏一郎

概要

浜の町病院脳神経外科(以下、当診療科)は40年以上の歴史を有し、福岡の地域中核病院として最も歴史のある脳神経外科診療科であり、平成12年には神経内科および精神科(外来)と連携を密とする脳神経センターが設置されました。現在は脳神経外科疾患全般について診療を行っており、救急部・神経内科・放射線科など他診療科とも協力してほぼ全ての領域の脳・脊髄疾患の治療に対応しています。

また、近年の医療機器設備の目覚しい発展とともに、当院に於いてもMRI、CT、SPECTなどに代表される画像診断装置の高性能化による高度医療を推進するため、最新の機器を導入して患者さんの診療に貢献しています。主に脳神経外科診療に関わる機器設備としては、320列マルチスライスCTが2台、MRI装置は 1.5tesla1台、3 tesla1台の計2台、脳血管撮影検査ではフラットパネル・バイプレーンの3DRA装置を2台設置し、加えて脳血流や腫瘍シンチのためのSPECTが常時稼働しています。

また、術中機器としては平成19年度からニューロナビゲーション装置を、平成23年度から神経内視鏡装置を脳神経外科手術に導入し、より安全かつ正確な外科治療が可能となりました。

血管内治療に関しては、平成20年4月より脳血管内治療専門医の資格を持つ山口慎也医師をスタッフに迎え,動脈瘤コイリング術や頚動脈ステント術などの脳血管内治療が恒常的に可能となりました。

脳神経外科外来は原則として月・水・金曜日に行っていますが,火・木曜日の手術日でも他科・他院からの紹介新患に関しては,外来担当医により対応可能にしています。

病床に関しては、脳神経外科病棟の利用ベット数15床以外に、重症症例や術後症例はHCUやICU病棟を適時利用し適切な入院管理を行っています。

診療対象

現況において恒常的に取り扱う代表疾患を下記に列挙します。

  • 腫瘍性疾患(悪性脳腫瘍、良性脳腫瘍,間脳下垂体腫瘍、脊髄腫瘍など)
  • 血管障害(未破裂脳動脈瘤、破裂脳動脈瘤、脳動静脈奇形,高血圧性脳出血など)
  • 機能性疾患(顔面けいれん、三叉神経痛、舌咽神経痛、てんかん、頭痛など)
  • 子供の脳神経外科疾患(小児脳腫瘍やもやもや病など)
  • 変性疾患あるいは先天性疾患(変形性頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア、水頭症、脊髄空洞症など)

当科における外科治療の特長として、手術症例の内訳に開頭腫瘍摘出術の割合が多く、特にその中でも下垂体病変に対する経鼻経蝶形骨洞的腫瘍摘出術が例年約20例程度を占めます。また、機能的脳神経外科手術である片側顔面けいれんや三叉神経痛に対する神経血管減圧術が多いのが特徴です。

当科においては、前述の如くニューロナビゲーション装置や神経内視鏡装置を脳神経外科手術にいち早く導入することによって、より安全かつ正確な治療が可能となっています。また、神経合併症の予防・回避を目的として運動誘発電位(MEP:Motor evoked potential) 、体性感覚誘発電位(SEP:Somatosensory evoked potential) および聴性脳幹反応(ABR:Auditory Brain-stem Response)などの種々の術中神経モニタリングも積極的に併用して、良好な手術成績を収めています(図1)。

図1
図1.内頚-前脈絡叢動脈分岐部動脈瘤クリッピング術の際のMEPモニタリング
クリッピング後もMEP波形および振幅の変化を認めない事で,穿通枝障害を回避できる。

下垂体腫瘍に関しては、原則としてニューロナビゲーション下に経鼻的到達法を用いるminor invasive surgeryを心掛けていますが、治療に際しては、腫瘍摘出のみならず、特に機能性下垂体腺腫では内分泌学的是正を最終目標としており、例えば、成長ホルモン産生下垂体腺腫において、コルチナコンセンサスに基づく成長ホルモン是正率は、腫瘍が海綿静脈洞に浸潤していない場合では90%を越え、内分泌学的是正が困難と言われるKnosp grade 3, 4の海綿静脈洞浸潤例でも50%程度と良好な成績を収めています。プロラクチン産生下垂体腺腫に関しては、カベルゴリン製剤を中心とする薬物療法が第一選択となりますが、年齢、腫瘍局在および薬剤効果などの因子を検討し、外科的治療により治癒可能と判断される症例には積極的に経鼻的腫瘍摘出術を選択しています。

動脈瘤治療に関しては原則として開頭クリッピング術を第一選択としており、平成19年以降の現体制に於ける未破裂動脈瘤に関する死亡率は0%、重篤な後遺症発生率も0%です。

平成22年からは脳血管内治療が当診療科に於いて恒常的に可能となったため、破裂と未破裂動脈瘤の相違、動脈瘤の局在・形状およびサイズ、また未破裂動脈瘤の場合には患者さんご自身の希望などを充分に検討しながら治療方針を決定しており、特に近年は脳血管内治療(コイル塞栓術)を選択する症例の割合が増加しています(2013年動脈瘤治療総数:22例中、クリッピング10例、血管内治療12例)。

診療実績

平成25年(2013年)の診療患者数のまとめを表1に示します。2013年は新病院建設・移転に伴う患者制限の影響から外来・入院患者数および手術症例数全てに於いてやや減少しました。

手術総数129症例のうち、下垂体腫瘍を含む腫瘍摘出術が33%を占め、前述の如く当診療科の特徴である腫瘍性病変に対する割合の多さが認められました(図2)。その他、例年通り三叉神経痛や片側顔面けいれんに対する神経血管減圧術の割合が多く、脳血管内治療も着実に症例数を伸ばしています。

  新患外来患者数 再来外来患者数 入院患者数
表1
H23年 196 2,064 150
H24年 208 2,134 160
H25年 204 2,085 147

図2
図2

今後の展望

平成19年度からスタートした現体制の下,神経モニタリング検査の充実,ニューロナビゲーションや神経内視鏡装置の導入,脳血管内治療の開始など,着実にソフト・ハード両面での拡充を果たすことができた。今後も安全かつ確実な脳神経外科複合治療を目指し,患者さんご自身,かつ,ご紹介頂く医療機関の先生から信頼される診療科となる様努力していきたいと思っています。

診療体制

  • 松角宏一郎(脳神経センター長、脳神経外科部長)
    • 日本脳神経外科学会専門医
    • 九州大学大学院医学研究院脳神経外科臨床教授
    • 日本脳神経外科学会評議員
  • 上坂 十四夫(脳神経外科医師)
    • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
    • 日本脳卒中学会専門医
    • 日本脊髄外科学会専門医
  • 前原 直喜(脳神経外科医師)

(文責:松角 宏一郎)