1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 形成外科

形成外科

ごあいさつ

形成外科部長 松本 大輔

形成外科部長

松本 大輔

マイクロサージャリーや美容外科的手法を駆使して、「美しく治す」ことを追求していきます。

概要・特色

形成外科って何やってるの?・・・一般の方はもちろんですが、医療関係者にも度々質問され、返答に困ります。敢えて一言で説明すると、「身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。」となりますが、具体的には、以下のような相談があれば御来院ください。

  • 生まれつきのあざや変形がある。
  • ケガや火傷をキレイに治したい。
  • ケガや火傷、手術により、傷跡、変形が残っている。
  • 傷がなかなか治らない。
  • 顔などのデキモノをキレイに取ってほしい。
  • 最近、瞼が下がってきて目が見えにくい。
  • 頭頚部領域の腫瘍切除を行い変形がある。
  • 乳房の腫瘍切除を行い変形がある。

今まで、「病気(ケガ)が治ったんだから、見た目が悪くなっても仕方がない・・・」と諦めていた容姿のコンプレックスも、改善する手段があるかもしれません。ぜひ一度御来院ください。

また、取り扱っている主な疾患は下記になります。

顔面の外傷、顔面骨骨折、鼻骨骨折、眼窩底骨折、頬骨骨折、頬骨弓骨折、上顎骨骨折、熱傷、
電撃傷、化学熱傷、凍傷、潰瘍、放射線潰瘍、褥瘡、瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド、
皮膚腫瘍、皮下腫瘍、軟部腫瘍、類表皮嚢腫、粉瘤(アテローム)、皮様嚢腫、デルモイド、
石灰化上皮腫、粘液嚢腫、尋常性疣贅、脂漏性角化症、老人性疣贅、ケラトアカントーマ、
皮膚線維腫、ボーエン病、有棘細胞癌、基底細胞癌、脂肪腫、眼瞼黄色腫、血管腫、リンパ管腫、
神経鞘腫、神経線維種、脂腺母斑、類器官母斑、扁平母斑、母斑細胞母斑、色素性母斑、青色母斑、
太田母斑、von Recklinghausen病、Bourneville-Pringle病、Peutz-Jeghers症候群、眼瞼内反症、眼瞼外反症、
眼瞼下垂、睫毛内反症、外鼻変形、外鼻欠損、斜鼻、鞍鼻、陳旧性鼻骨骨折、耳介変形、副耳、埋没耳、
袋耳、スタール耳、立ち耳、耳瘻孔、耳垂裂、耳介血腫、力士耳、耳介切断、耳下腺腫瘍、顔面神経麻痺、
口唇裂術後変形、半側顔面萎縮症、下口唇瘻、先天性頸嚢胞・瘻孔、正中頸嚢胞、側頸嚢胞、
嚢胞性リンパ管腫、頭頚部腫瘍切除後の組織欠損、乳癌術後乳房変形、乳房欠損、ポーランド症候群、
女性化乳房、臍ヘルニア、臍突出症、腹壁ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、臍欠損(先天性、術後)、
毛巣嚢胞・瘻、毛巣洞、手・足の先天異常、合指症、多指症、巨指症、短指症、裂手症、
先天性絞扼輪症候群、腋臭症、爪変形、陥入爪など。