1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 皮膚科

皮膚科

皮膚科部長

竹内 聡

正確な診断に基づく治療と、患者さんへのわかりやすい説明を心がけています。生物学的製剤など最新の治療も駆使しながら難治性皮膚疾患の診療にあたっています。

外来担当医師

新患は紹介のみ

午前

竹内 聡 小田 真理 竹内 聡 竹内 聡 竹内 聡
小田 真理 呉竹 景介 小田 真理 呉竹 景介 小田 真理

概要・特色

正確な診断に基づく治療と、患者さんへのわかりやすい病気や治療の説明をこころがけています。難治性皮膚疾患に関しても、疾患ガイドラインや論文報告などに基づいた、最新の治療、情報を提供できるように努めています。

また、当科は日本皮膚科学会認定の専門医研修施設であることに加え、日本アレルギー学会認定の専門医研修施設でもあり、次代のアレルギー専門医の育成とともに、患者さんへ質の高い、適切なアレルギー診療を提供できるように心がけています。

皮膚疾患の患者さん、ご家族の方へ

地域の中核病院としての医療機能を担うため、重症患者の入院加療や入院手術にも力を入れており、外来診療も合わせて患者満足度の高い診療を提供したいと考えています。地域の病院、診療所よりたくさんの難治性患者さんを紹介いただいています。今後とも病診連携を深め、スタッフ一丸となって患者さんや地域医療に必要とされる皮膚科診療を目指していきます。

対象疾患:皮膚の病気全般を対象とします

アトピー性皮膚炎ほか湿疹、蕁麻疹、薬疹、中毒疹、食物アレルギー、乾癬、良性・悪性皮膚腫瘍、水疱症、膿疱症、膠原病、代謝異常症、肉芽腫、紅斑症、紫斑症、血管炎、壊疽、母斑、色素異常症、外傷、熱傷、脱毛症、ざ瘡、爪、粘膜疾患、蜂窩織炎、とびひ、せつ、帯状疱疹、ヘルペス、イボ、水イボ、真菌症、性行為感染症、小児皮膚科などあらゆる皮膚疾患の診療をしています。

病気や患者さんの状態など、必要に応じて関連各診療科や関連病院との連携をとりながら、難治性皮膚疾患の診療をしています。

浜の町病院皮膚科で可能な治療

重症薬疹や水疱症の入院加療(ステロイドパルス、血漿交換、免疫グロブリン輸注療法(IVIG)含む)、帯状疱疹、蜂窩織炎、その他全身症状を伴う皮膚疾患の急患入院治療、入院および外来手術を行っています。

最新の生物学的製剤治療(デュピクセント(抗IL-4/IL13受容体抗体)によるアトピー性皮膚炎治療、ゾレア(抗IgE抗体)による難治性じんましん治療、ヒュミラ、レミケード、ステラーラ、コセンティックス、ルミセフなどによる乾癬治療)を用いた難治性炎症性皮膚疾患の治療を行うことができます。

全身型・半身型ナローバンドUVB(紫外線)照射器よるアトピー性皮膚炎、乾癬、類乾癬、掌蹠膿疱症、悪性リンパ腫、尋常性白斑などの光線治療ができます。その他、皮膚腫瘍やいぼの冷凍療法、難治性脱毛症に対するcontact immunotherapyを行っています。

一般の病院検査に加え、皮膚科に特徴的な検査として、皮膚生検による迅速な病理診断、薬疹の血液アレルギー検査(DLST)検査、薬疹、金属アレルギー、化粧品かぶれのパッチテスト、真菌鏡検などを行っています。(試験の性質上、発汗の多い7-9月の夏季はパッチテストは施行しておりません)