1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 眼科

眼科

ごあいさつ

眼科部長

佐々 由季生

浜の町病院眼科では最新の診療・治療器械を導入し、常に最新の医療を提供出来る環境を整えています。

概要・特色

医師2名体制で診療にあたっています。一般外来診療は月曜から金曜の午前のみ(火曜、木曜は午前中手術のため10時から)です。午後は月曜・水曜・金曜は光凝固や蛍光眼底造影、視野検査などの特殊検査を、火曜・木曜は手術を行っています。再来は完全予約制です。
当科は福岡市内の中核総合病院の眼科として幅広い眼疾患に対応しており、全身疾患をともなう患者さんの治療も他科との連携でスムーズに行えることが特徴です。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎とは、眼内に生じた炎症性疾患の総称ですが、眼だけではなく、全身の疾患と関連して生じることが多い病気です。種々の原因で生じるぶどう膜炎の病因診断と治療を他科と連携しておこなっています。当科では重症のぶどう膜炎症例に対する入院治療もおこなっています。

白内障

当科では全身合併症を有する患者さんが多く、安全な手術を第一に入院主体で白内障手術をおこなっていますが、患者さんのご要望にも応じて日帰り手術もおこなっています。入院の場合、片眼手術で3〜4日間、両眼手術で8〜9日間の入院となります。手術機器、眼内レンズは順次新しいものを採用しています。尚、当院では多焦点眼内レンズは導入しておりません。

網膜硝子体疾患

当科では硝子体手術に力を入れています。従来の20ゲージでの手術よりもより低侵襲な25ゲージシステムでの硝子体手術を行っています。
糖尿病網膜症の管理・治療は当院内科の糖尿病専門医と連携しながら行っています。網膜症に対するレーザー治療、硝子体出血、増殖網膜症に対する硝子体手術のみならず血管新生緑内障などを生じた重症例に対する手術もおこなっています。その他裂孔原性網膜剥離や、最新の光干渉断層計(OCT)を導入し、種々の網膜硝子体疾患に伴う黄斑病変(黄斑浮腫、黄斑上膜、黄斑円孔など)に対する硝子体手術も行っています。

緑内障

定期的な視野検査を行いながらの点眼治療が主体となりますが、点眼治療だけでは不十分と考えられる患者さんには手術治療も積極的におこなっています。線維柱帯切開術(流出路再建術)や線維柱帯切除術(濾過手術)、また最新のインプラント手術等を患者さんの状態に応じて行っています。

外眼部疾患

加齢やコンタクトレンズの長期装用に起因する眼瞼下垂、また加齢性、先天性の眼瞼内反症に対する手術など、様々な眼瞼形成手術を行っています。