1. 浜の町病院ホーム
  2. 診療のご案内
  3. がん診療について
  4. 緩和ケア

緩和ケア

緩和ケアとは

緩和ケアとは、身体や気持ちのつらさ、生活の気がかり、社会的な悩みなど、がんをはじめとする生命を脅かす病気に伴う、さまざまな苦痛を抱えた患者さんとそのご家族を支えていく医療・ケアの取組みです。

緩和ケアでは、患者さんの病気の原因やしくみよりも、その方の抱えるつらさに焦点をあてて支援を行います。つまり、病気の時期や状態にかかわらず、「つらさ」があれば、緩和ケアを受けることができます。

緩和ケアに関するよくある質問

Q. 緩和ケアの対象となる病気は?
A. がんをはじめとする、生命を脅かされる病気の方が対象です。

Q. どんな時期でも緩和ケアを受けられますか?
A. はい。病気と診断されたときから、治療をうけているとき、そしてもし治療そのものが困難となったとしても、緩和ケアを受けることができます。

Q. 緩和ケアは、末期にならないと受けられないのですか?
A. いいえ。病気が進行し、治癒が難しくなった方への対応も緩和ケアの大切な役割ですが、病気の時期やご病状にかかわらず、つらい症状や治療・療養の悩みについて相談できます。

Q. どんなことについて、緩和ケアを受けられますか?
A. 緩和ケアでは、さまざまな問題への支援を提供します。たとえば…

  • 痛みや吐き気、息苦しさなどの身体のつらい症状があるとき
  • 不安や焦燥感などの精神的なつらさを抱えたとき
  • 仕事を続けられるか心配、医療費の負担が大きいなどの経済的な悩みがあるとき
  • 生活に差し障りが生じて、治療への取り組みにも影響があるとき
  • 治療方針や療養の場所の選択に迷ったとき
  • 患者さんの病気が原因で、ご家族にも問題を生じたとき

医師、看護師のほかに、薬剤師、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなどの多職種が、さまざまな問題に対応します。必要に応じて、他の専門職や、院外の医療機関・事業所とも連携して問題の解決に取り組みます。

Q. 緩和ケアを受けたいと思ったときは、誰に声をかけたらいいですか?
A. お困りの時には、院内のさまざまな部署から緩和ケアチームへ取り次ぐことができます。まずは、主治医や病棟・外来の看護師、がん相談支援センターなどの、院内の医療者に、「緩和ケアについて相談したい」と声をかけてください。


浜の町病院の緩和ケア

当院の緩和ケアは、以下の3つの活動から成り立っています。それぞれについての詳しい説明は、各タブを押して頂けるとご覧になれます。

緩和ケアチームとは

緩和ケアチームは、痛みや吐き気などのつらい身体症状や、不安・落ち込みなどの精神的な苦痛を和らげ、患者さんとご家族が安心して治療に取り組んだり、自分らしい生活を送ったりできるように、支える専門チームです。治療を行っている主治医やスタッフとも相談しながら、治療や生活が上手くいくようにお手伝いします。



緩和ケアとチーム医療

患者さんの抱えるさまざまなつらさに対応するには、医師だけ、看護師だけでは十分ではありません。さまざまな職種の医療者が、それぞれの専門性を発揮し、力を合わせてチームとして取り組みます。



浜の町病院の緩和ケアチーム

当院での緩和ケアチームは、2006年6月より活動を開始しました。2013年4月からは、緩和医療内科医師がチーム専任医師として着任いたしました。以下の多職種が協働して、専門的な緩和ケアの提供を行っています。



緩和ケアチームメンバー(2018年4月現在)

  • 身体症状担当医師(専任)
  • 精神症状担当医師(非常勤)
  • 呼吸器内科、腫瘍内科、外科医師
  • 看護師(がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師を含む)
  • 薬剤師(日本緩和医療薬学会認定薬剤師をふくむ)
  • 地域医療連携室看護師、医療ソーシャルワーカー
  • 臨床心理士


チームの活動について

  • 入院・外来を問わず、がんをはじめとする生命を脅かす病気の患者さんとご家族に対応しています。
  • 痛みや吐き気などの身体のつらい症状、不安や気がかりなどのお気持ちのつらさの他、治療と生活の両立に関する悩み、治療方針に関する疑問、療養の場所やすごしかたの相談など、病気にまつわるさまざまなつらさや悩みについてご相談できます。
  • チームメンバーによる病棟回診を毎日行い、主治医や受け持ち看護師と話し合いながら、患者さんとご家族のつらさを和らげるための治療・ケアを提案しています。
  • 週1回、これらの多職種メンバーによるチームカンファレンスを行い、患者さんとご家族がより良く過ごすためにどのような支援が必要かを検討します。
  • 必要時には鎮痛剤などの処方を行ったり、患者さんやご家族と面談したり、直接診療やケアにかかわることもあります。
  • 在宅療養への移行や緩和ケア病棟への転院などの療養の場の選択について、地域医療連携室とともに支援しています。
  • 緩和ケアのために必要な知識や考え方などを、院内外の医療者に伝えるための研修会や講演会を企画・開催しています。
  • 緩和ケアチームのメンバーは、積極的に他の医療機関の緩和ケアチームと合同の研修会や関連学会への参加・発表を行い、緩和ケアに関する能力の研鑽に努めています。
  • 外科医、腫瘍内科医、放射線診断医、放射線治療医などとともに、キャンサーボードに参加して、がん患者さんの治療・ケアについて多角的に検討しています。


緩和ケアチームに依頼するには?

  1. まずは、医師や看護師、医療ソーシャルワーカーなど身近な医療者に、そのご希望を伝えてください。
  2. ご希望を受けて、主治医から緩和ケアチームへ依頼が届きます。
  3. 緩和ケアチームのメンバーが診察や面談を行います。患者さんが直接の面談を希望されない場合は、カルテ内容の確認のみで対応することもあります。
  4. 緩和ケアチームに所属するメンバーが、からだや気持ちのつらさを和らげる方法について検討します。
  5. 主治医や看護スタッフらと緩和ケアチームが協力して、患者さんとご家族を支援します。


緩和ケアチームのご案内(リーフレット)

緩和ケアチームについて分かりやすく書かれたリーフレットを、外来や各病棟、がん相談支援センターなどにおいています。ご覧になりたい場合は気軽にお声がけください。
またこのホームページからも ダウンロードできます。

緩和ケア外来

  • 水曜日を除く平日、午前11時から緩和ケア外来診療を行っています。
  • 原則的に当院で治療を受けてこられた方を対象としています。
  • これまで治療を受けてこられた診療科との併診も可能です。
  • 診断時から治療中でも、治療の効果が望みづらくなったときでも、時期にかかわらず、受診することができます。
  • がん以外の疾患にも対応することがあります。
  • がん看護専門看護師をはじめとした他の職種の支援を受けることも可能です。
  • 緩和ケア外来受診を希望される場合は、まずは各診療科主治医にご相談ください。

緩和ケア入院を希望される方へ

  • 原則的に当院で治療を受けてこられた方を対象としています。
  • 事前に緩和医療内科医師との面談を受けていただきます。病状のご理解を確認したり、提供できる医療やケアの内容をご説明したりする他、入院にあたっての気がかりなどを相談いただく機会としています。
  • 入院病棟は9階C病棟です。緩和ケア専用の病棟ではなく、腫瘍内科との混合病棟ですが、個室中心でプライバシーの保たれた空間でお過ごしいただけます。
  • 病気による痛みや呼吸困難などの身体のつらさ、不安、抑うつ、せん妄などの精神的な症状を和らげ、患者さんとご家族の希望に沿った療養を支えます。
  • 在宅療養への移行のお手伝いや、症状のコントロールのための一時的な入院を行うこともあります。
  • 治療やケアの方法を選択する場合には、苦痛なく過ごしていただくことを最優先として、ご本人・ご家族と話し合って決定します。
  • 病気による変化は自然の流れと捉えます。無理に引き延ばしたり、縮めたりすることはしないと考えています。
  • 輸血、抗生物質、点滴、血液透析など、これまで続けてこられた治療については、お身体の状態や、これからの時間の過ごし方をご一緒に考えながら、病気の時期に応じた適切な医療を提供したいと考えています。


緩和ケア入院の基本的理念

浜の町病院の理念『病める人の身になって、心のこもった最良の医療を目指します』
浜の町病院看護部の理念『心によりそう看護』
これら当院の基本理念に緩和ケアの視点を加え、現代緩和ケアの創始者といわれるシシリー・ソンダース女史の次の言葉を当病棟の理念としています。

あなたはあなただから、大切なのです。
You matter because you are you.

あなたの人生の最後の瞬間まで
あなたは大切です。
わたしたちは
あなたが穏やかな旅立ちを迎えるだけでなく、
あなたがあなたらしく生きるお手伝いをします。
You matter to the last moment of your life,
and we will do all we can not only to help you die peacefully,
but also to live until you die.

- Dame Cicely Saunders (1918 – 2005)



入院診療・ケアの体制について

  • 緩和医療内科医師が主治医となります。
  • 緩和ケアに関する経験豊富な看護師がケアを提供します。
  • 当院でこれまで治療にあたってきた医師や看護師、その他のスタッフとの関係も継続できます。
  • 病棟薬剤師、臨床心理士、管理栄養士の他、医療ソーシャルワーカーら地域医療連携室スタッフ、歯科衛生士、理学療法士などの多職種が関わります。

これらのメンバーが、対話を大切にしながらあなたらしく生きるお手伝いをいたします。



緩和医療内科の入院診療に関するよくある質問

Q. 入院の対象となる病気は?
A. 原則的には、治癒が望めなくなったがんの患者さんで、通院治療や在宅療養が困難となった方を対象としています。ただし、がん以外の生命を脅かす病気の患者さんも、ご病状によっては入院の対象となることがあります。

Q. 浜の町病院での治療歴はありませんが、受け入れ可能ですか?
A. 現状では、病床数や医療スタッフのマンパワーの関係から、当院でがん治療を受けてこられた方に限らせていただいています。

Q. 病名を告知していないと入院できませんか?
A. 必ずしも病名告知は必要ありませんが、「病気の治癒が望めない状態であること」「病気の自然経過を尊重して、お時間を引き伸ばすことはしないこと」の二点をご了解いただくようにしています。なお、認知症など患者さんご本人のご了解を得がたい場合には、ご家族にこの二点をご理解いただくこととしています。

Q. いずれは入院したいのですが、当面は自宅ですごしたいと思っています。対応可能でしょうか?
A. できるだけご希望に沿った療養のかたちを提供できればと考えています。例えば当院緩和ケア外来に定期的に通院いただいたり、地域のかかりつけ医や訪問診療医と連携したりして、自宅療養を支えることができます。そして自宅療養が困難となった場合には、随時入院対応を取っています。

Q. 入院にあたって、経済的な負担はどの程度になりますか?
A. 診療費は、がん治療などと同じく医療保険制度の対象となります。これまでの入院診療とご負担は大きく変わりません。ただし個室入院となりますので、個室料(10,000円/日、税別)については、自己負担となります。なお経済的なご事情については、個別に相談することができます。

Q. 長期間の入院は可能ですか?
A. 当院は急性期病院であり、長期間の入院は困難です。ご病状が安定していて、入院が長期に及ぶことが予想される場合には、転院や自宅療養への移行をご相談することがあります。

がん患者さんのつらさのスクリーニングについて

がんの患者さんは、がんと診断されたときから、さまざまなつらさ―例えばがんの痛みや治療の副作用、先行きの不安、仕事や家庭での悩みなど―を抱えていることが知られていますが、一方でそのつらさを医療者に伝えることが難しいとも言われています。

浜の町病院では、現在何らかのつらさを抱えておられるかどうか、「からだや気持ちのつらさの確認シート」「生活のしやすさに関する質問票」を用いて、入院・外来のすべてのがん患者さんに定期的にお尋ねすることを、2015年8月から始めました。がん患者さんが抱えておられるつらさに焦点を当て、以後の治療やケアに反映することを目的とした取り組みです。