1. 浜の町病院ホーム
  2. 部門のご案内
  3. 薬剤部

薬剤部

薬剤部長の挨拶

薬剤部は医薬品の安全かつ適正な使用を支援することを念頭に日常業務を行っています。調剤、医薬品管理、製剤、医薬品情報管理などの基本業務はもとより、入院患者に対する薬剤管理指導、薬物血中濃度モニタリング(TDM)、がん化学療法におけるプロトコール・薬歴をもとにした処方鑑査ならびに抗がん剤無菌調製も行っています。全病棟に担当薬剤師を配置しており、入院患者への服薬説明・服薬相談をはじめとした病棟薬剤業務を活発に行っています。

現在、活動中の感染制御(ICT)、がん化学療法、緩和ケア、栄養サポート(NST)、糖尿病治療などのチームにおいても薬剤師の役割を果たすことができるよう医師・看護師など他部門との連携を強めるとともに、これら領域別の認定・専門薬剤師の育成に取り組んでいます。

臨床試験センターでは、当院での治験及び臨床研究が適正に実施されるよう支援しています。また、薬学部(薬科大学)学生実習の指導・教育にも携わっています。

これからも医療の進歩・発展に伴っての多様化したニーズに応えることができるよう、質の高い薬剤業務をめざして日々の業務に取り組んでいきたいと考えています。

薬剤部長    野中 敏治

薬剤部の理念

医薬品の適正使用に基づいた疾病治療の支援を目指します

基本方針

  • 医薬品の安全性を確保します
  • 医療チームの一員として、患者さんを中心とした薬物治療を支えます
  • 医薬品に関する最新情報の習得に努め、適正使用に役立てます

薬剤部メニュー薬剤部トップ

部門のご案内へ戻る