1. 浜の町病院ホーム
  2. 部門のご案内
  3. 放射線部

放射線部

放射線部技師長の挨拶

 この度、浜の町病院の新築移転に伴いまして、放射線機器もその殆どが最先端の装置に更新されました。今回、電子カルテ導入とともに画像に関しても完全フイルムレスへと移行しております。浜の町病院放射線部は一般撮影部門、特殊撮影部門、放射線治療部門、検診部門で構成され、診療放射線技師18名にて日々の業務に当たっています。また、放射線部門では、放射線専門医5名(放射線治療専門医1名)、看護師3名、受付事務3名にて連携しながら検査・治療を進めています。今回、最新機器の導入により、高度の放射線検査が可能となりましたが、放射線部門に於きましても医療安全はもとより、放射線被ばく低減を最重要課題と位置付けて、より安全なシステムを構築致しております。患者さんには安心で安全な放射線検査、放射線治療を受けて頂く事ができ、また医療情報としても最良の放射線技術、高精度の放射線治療を提供する事が可能となっております。新病院で導入致しました最新の放射線機器の一部を紹介させて頂きます。今回導入致しましたCT装置は320列と80列CTの2台であり、特に320列CT装置では0.35秒の一回転で心臓の冠動脈を撮像できる高速検査が可能となっております。また3テスラの高磁場MRI装置により、より高精細・高画質の画像検査を提供することが可能となりました。放射線治療装置では3種類の高エネルギーX線を有するエレクタ―・シナジー装置を導入し、悪性腫瘍をピンポイントで照射する最先端の照射システムにより、患者さんの負担がより少ない放射線治療を行う事ができるようになりました。最先端の機器をより安全に、またその性能を十二分に発揮させるためにも、診療放射線技師の日々の教育、研究は大変重要であります。現在、18名の診療放射線技師が日々の検査業務を行っておりますが、放射線治療品質管理士、放射線治療専門技師、検診マンモグラフィ撮影認定技師、胃がん検診専門技師などの認定を取得するなど、医療の質の向上のために鋭意努力、研鑽しております。これからも開かれた放射線部門として地域医療に貢献できるよう、地域の皆様と一体となって地域医療を担っていきたいと考えておりますので、皆様のご支援、ご指導を賜りたいと存じます。

中央放射線部技師長 上野 敬三

放射線部の理念

1.医療を求める人々に奉仕します
2.チーム医療の一員として行動します
3.専門分野の責任を全うします
4.人々の利益のために常に研鑽します


放射線部メニュー放射線部トップ

部門のご案内へ戻る